ハーレーダビットソン ショベルヘッドFXS1982ローライダー


ショベルローライダーハーレーダビットソンショベルローライダーハーレーダビットソンFXS
こんにちは。大熊Webデザイン事務所の大熊です。
15年ぶりくらいにハーレーを買いました。

写真のハーレーダビットソン ショベルヘッドFXS1982ローライダーをゲットしました!
1982年式の僕とほぼ同じ年生まれのハーレーです。エンジンはショベルヘッド後期1340ccです。
純正が色濃く残り、エンジン、車体の状態はかなり良く走りも絶好調です。

ショベルヘッドショベル ハーレー

前オーナーが大切に乗っていたので、これでもかというくらいベストな状態で譲り受けました。
始動一発です!キック、セルスターター両方付いてますがキックではまだ一発でエンジンを掛けれません(笑)

なぜハーレーゲットかというと今の大熊Webデザイン事務所の前身は「FACTORY UT」うきはタウン工場の略(笑)というハーレーのパーツのデザイン、オリジナルハーレーパーツ、装飾品、ワンオフパーツの製作、楽器装飾品の製作事業からのスタートでした。
主に真鍮・銅製の製品のデザイン、開発、製作、販売をやっていました。
簡単に言うと金属の板金と彫金です。

当時、自社製品を販売するにあたってネット展開を考えたのですが、個人事業で究極に資金が無く、どこの制作会社やデザイン事務所にも依頼が出来なくて困り果てました。
そこで自分でデザイン・Webを勉強してネットショップ、ホームページを立ち上げて、マーケティングやブランディングの大切さを肌で感じ猛勉強しました。
気づいたら色んな会社やお店からデザインやWeb、ブランディングやマーケティングの依頼が来るようになり、色んな方からの仕事の依頼や相談で引っ張りだこになり、いつの間にかデザイン事務所になったという、ざっくりとした流れ、経緯です。元は職人でした。

かれこれ7年、グラフィックデザイン・Webデザインとやってきましたが、ここで原点回帰してプロダクトデザイン、自社オリジナル製品の生産も手掛けていこうとしています。
まずは受注生産のみで、すでに仕事の依頼を受けているプロダクトデザインのほうからチャレンジしていきたいと思います。独立前の20代は現場で職人としてずっと生産や加工に関わってきたので、ようやくそれがダイレクトに活かせる時が来ました。楽しみで仕方ありません。期待されている以上のことと成果を上げていきたいと思います。その後ある程度仕組みが整った段階で依頼をお受けしての受注生産の形から、自社オリジナル製品の生産に移していければと考えています。

カテゴリー:お知らせ・新着情報ブログ大熊 充日々のこと