経営を野球チームに例えると


個人事業から法人化への道

[例えるならば]
思うこと、いままでの自分は格闘技をやってたんじゃないかと気付きました。
技術を磨き体を鍛えリングに上がり闘っていました。

時には子飼のトレーナーを雇い、リングで闘う為のサポートをして貰おうとしてたと思いますが、
結果ひとりで闘おうとしていました。

これからは違う。野球をやりたい!
仕事を野球に例えていこうと思います。

いまから自分は、球団のオーナー兼監督になります。

なぜ野球かと言うと子供の頃は、親父が毎週買ってくる週刊ベースボールという
プロ野球雑誌をくまなく読みました。
当時の各球団の指揮系統、一軍選出、レギュラー、交代要員、二軍の指揮系統、
二軍選手などなどを調査していました。

ペナントレースの流れを予測したりや、この選手が近い将来活躍するんじゃないか、
その結果の年俸上昇率や傾向、また選手ひとりひとりの経歴や家族構成、
年棒や乗ってる車などを調べ暗記している少年でした。

少年ごころに将来はプロ野球選手になり、監督になりたいと思ってました。

そしてその後、野球をすることは特別ありませんでした。
野球をやらなかった理由は色々ありますが、、、

いままさに当時できなかった野球をするチャンスが訪れたと思います。
野球経験の全く無い、オーナー兼監督が率いる弱小球団なので、球団の体を成しません。
まずは監督兼全ポジションからの脱却を目指します。

監督が打って飛ばして点取って、投げて守ってをやってると
次第に勝つための戦略を考える能力を磨けないからです。
なのでこれからコーチ兼野手、仕事で言うなら幹部候補社員の採用をします。

9人揃うまでは、それぞれが複数の役割を兼務してもらいながら戦っていきたいと思います。
そして今から、コーチ兼選手になってくれる人にうちの球団に来てもらい
一緒に戦ってくれる人を探すにはを考えたいと思います。

グラフィックデザイナー・Webデザイナーを2名募集しています。
福岡県うきは市でデザインの仕事です。

では、また明日!もしくは明後日以降に
ブログでお会いしましょう。

2015年4月24日更新

カテゴリー:ブログ大熊 充日々のこと